専門里親の詳細

| 未分類 |

最近では、子供がなかなか出来ず、離婚する夫婦も増えてきました。
結婚すると、普通に子供が出来て、家族になると思う人が多いようですが、現代では、不妊症が問題となっており、男性や女性、どちらとも原因があると言われています。
これは、食事にも大いに関係していると言われ、小さいころからファーストフードなどを多く食べていると、身体の血流が悪くなり、生殖機能の血行障害が起こり、結果的に不妊になるようです。
ただ、このような偏った食事が全てではなく、高齢になって結婚すると、精子も卵子も年を取りますので、どうしても妊娠しにくくなります。
仕方なく子供を諦めて、夫婦二人で暮らす家庭もありますが、やはり子供がどうしても欲しいという場合には、離婚を選んだり、養子縁組を希望する夫婦もいるようです。
養子縁組ですと、養育里親、専門里親、特別養子縁組と分類され、子供が欲しいという場合には、特別養子縁組を希望するケースが多いようです。
養育里親とは、子供を預かるけれど、戸籍はそのままで、子供が18歳になるまで世話をする家庭のことで、国から毎月12万ほどの養育資金が援助されます。
他に、専門の里親ですが、これは養育里親と同じく、戸籍は別で、子供を預かりますが、例えば自閉症や複雑な環境で育った子供など、やや難しい子供を預かることになり、看護師や保育士、教師などの資格を持つ人が里親になる場合が多いようです。
特別養子縁組は、子供の籍を養親のものに入れますので、養育や専門の里親とは違い、自分の子供として養育していくことになります。
そのため、審査は一番厳しく、家庭に問題がある場合には、登録出来ないこともあります。