離婚とうつと離婚請求

| 未分類 |

うつ病を理由に離婚が認められる場合があり花瓶02ます。婚姻関係においては相互協力義務があり、病気のためにその義務が果たせないと認められた場合、離婚請求ができます。法律上は民法770条第3項に「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」という項目があるのですが、これまでの判例では、うつ病ではこの項の条件を満たさないとされています。同条第5項の「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」を根拠に請求することとなります。
請求が認められるかどうかはケースバイケースで、裁判官の判断によります。医師からの意見を参考に、裁判官が今後の結婚生活の見通しを考え判断します。結婚前から病気を発症していたのか否かという点と、発症してからの夫婦関係の変化などが争点となります。
自分が病気のため別れてほしいというケースと、相手が病気のため別れたいというケースがあります。自分が病気のために別れてほしいというケースは、請求がすんなり通る場合もありますが、配偶者が反対してなかなか成立しないことも多いです。抑鬱状態になっているときには冷静な判断ができないので、請求する前に夫婦間で話し合いの場を設けることが大切です。一方、相手が病気のため請求するケースですが、これも当事者同士の合意が成立せず難航する場合が多いです。名古屋高裁では、妻のうつ病を理由に夫が申し立てた離婚請求を認めなかった判例があります。一審では請求を認めながら二審で覆されたものであり、この問題の難しさを示しています。