結婚生活とは、伴侶と長い期間とともに歩み、添い遂げるものです。
昨今での離婚率の増加が懸念されているいま、その意義とあり方をもう一度見つめ直す必要があるのではないでしょうか。

残念ながら、結婚にむいていない人というのは存在します。
飽きっぽいタイプの人は、あまり結婚に向いていなく、離婚を繰り返す傾向にあるようです。
例えば、ケータイなどをすぐに最新モデルに変える人や、独身時代に頻繁に恋人を変えてきた人がこれに当てはまります。
こういったものはその人の性格なので、責められるものではありません。
しかし、自覚していれば良いのですが、そうでない人も少なくありません。
そういった方が結婚をすることで、離婚という結末になってしまうのです。
もし何度も離婚を繰り返すようであれば、相手だけでなく自分にも問題があるのではないかと、一度振り返ってみることをおすすめします。

誰にでも幸せになる権利はあります。
結婚だけが幸せでないという方もいるでしょう。
飽き易い性質の人は、結婚という形にとらわれることなく、自分にあった幸せの形を追究すべきなのではないでしょうか。
今後そういった新しい男女のスタイルが生まれてくるのかもしれません。