夫婦が別れる際には様々な方法があり、多窓くの場合は協議離婚の形を取るケースが殆どと言えるでしょう。
これば、お互いが合意の上で別れるので、トラブルに見舞われる確率は極めて低い選択であると思って間違いありません。
しかしながら、調停にもつれ込むケースも時として見受けられるのが現状となっています。
この場合、お互いの合意が得られないので夫婦の間に調停委員が割って入ることになるでしょう。
2人だけではなかなか結論が出ない金銭問題や親権問題等も、調停委員が調整してくれるのでスムーズな解決が期待できます。
この調停が成立しなかった場合には、審判によって様々な諸問題を片付けて行くことになります。
もし審判の結果に疑問が生じたときは、異議申し立てをすることも可能です。
そして法的に別れの問題を解決したいのであれば、裁判にかけるという手もあります。
このような手段を取れば、相手の不貞行為や行方不明、それに重度の精神病といった理由で婚姻の継続が不可能な場合も、問題解決に大きく役立てることができます。
不動産や預貯金それに車などの財産も、民法768条に則って清算および分配できるものとなっているので注目です。
また、財産分与といって別れた後の2年間は、これらの請求が可能なシステムがあります。